コースマップ

100kmウォークのコースマップ(PDF)はこちら

それでは100キロのコースを説明します
(1)スタート直後は北に向かいます 今年からスタート時にも全員のバーコードチェックを行いますので出来るだけゆったりとスタートして下さい。またスタート直後の歩道は幅が狭いのでかなり混雑します。無理な追い越しなどはせずに安全を最優先して歩いて下さい。
(2)コース内では原則的に右側の歩道を通行して下さい。またコース内では他の参加者と衝突したり転倒して怪我をする恐れがありますので絶対に走らないで下さい。他の参加者より走っている旨の報告が寄せられた際にはイエローカードを発行します。また夜間の歩行の際には必ず照明器具を使用してください。
(3)歌志内道の駅ではまず到着バーコードチェックを行って下さい。次に参加者全員の写真を撮影します。撮影の直後にも必ずバーコードチェックを行ってください。給水と休憩の後で気持ちをリフレッシュして出発バーコードチェックを行ってから次の第1CPに向かいます。
(4)第1CPに向かう終盤に長さ1キロのトンネルがありますので注意して歩いて下さい。またトンネルを抜けた後に 一部歩道の無い箇所がありますので車に注意しながら安全に縦1列で歩いて下さい。第1CPは例年の本社工場ではありません。本社工場から1キロほど進んだ場所にある第2工場ですのでご注意下さい。今年から全てのチェックポイントで到着と出発の2回チェックをして頂きます。これは参加者の安全確保のためにCP間での行方不明者を特定するための措置ですのでご協力をお願いします。
(5)第2CPでは係員の誘導に従って芦別慈恵園の中に進んで下さい。第3CPは空知単板の本社工場です。誘導に従って道路よりかなり奥までお進みください。また6月でも北海道の夜はかなり冷え込みますので体温が奪われないような服装に着替える事をお勧めします。
(6)第5CPのスキルアップセンターはコースから少し外れた場所にありますので係員の誘導に従ってお進みください。第6CPはJR砂川駅の横にある通路を上がり線路を越えて必ず立ち寄ってください。 第6CPを出発した後に線路の東側を歩いて次の交差点から12号線に戻りますのでご注意ください。
(7)最後の給水所の手前で国道38号線を通過しますが、通過後はそれまで右側歩行だったルールが左側を歩くルールに変更されます。国道38号線を通過後は係員の誘導に従ってゴールまで左側の歩道を通行して下さい。
コース全体を通じて交通ルールを順守し安全を最優先に歩行して下さい。絶対に走ったり車道に降りて歩いたりしないようにお願いします。